日本小児外科学会雑誌
Online ISSN : 2187-4247
Print ISSN : 0288-609X
ISSN-L : 0288-609X
ヨード過剰による一過性甲状腺機能低下症を呈した新生児外科症例の経験
竹内 敏中平 公士平林 円前川 保雄大野 耕一塩川 智司木下 博明
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 30 巻 4 号 p. 749-754

詳細
抄録

ヨード負荷による一過性甲状腺機能低下症の2新生児外科症例を経験した. 症例1は妊娠33週に羊水胎児造影を受けた先天性十二指腸閉鎖症の女児で, 16生日のスクリーニングで発見, L-サイロキシン投与で治癒した. 症例2は在胎33週3日, 出生体重1453gの女児. 人工膜利用臍帯ヘルニアの治療中に用いたポビドンヨード液で本症を併発した. 消毒剤変更2週後には甲状腺機能は正常化した. 新生児外科症例では, 造影やヨード含有消毒剤によるヨード負荷の機会が多く, 甲状腺機能への影響を考慮しなければならない. その使用を極力制限して予防につとめるとともに, 尿中ヨード排泄量測定や定期的なスクリーニングの実施による早期発見, L-サイロキシン補充療法による早期治療が可能であり, 本症による胎児・新生児の成長・発達障害は未然に防ぐべきである.

著者関連情報
© 1994 特定非営利活動法人 日本小児外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top