日本小児外科学会雑誌
Online ISSN : 2187-4247
Print ISSN : 0288-609X
ISSN-L : 0288-609X
症例報告
高血圧と高カルシウム血症を呈した間葉芽腎腫の1例
小原 由紀子齋藤 武照井 慶太光永 哲也中田 光政照井 エレナ大野 幸恵三瀬 直子小林 真史吉田 英生
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 52 巻 7 号 p. 1299-1302

詳細
抄録

高血圧と高カルシウム血症を呈し,oncologic emergency として緊急手術を必要とした間葉芽腎腫の1 例を経験した.症例は2 か月女児で,発熱,腹部腫瘤を主訴に当科を受診した.左腎上極に84×107×89 mm の巨大な腫瘤を認めた.血圧150/90 mmHg,血漿レニン活性≧20 ng/ml/hr,血清カルシウム14.8 mg/dl と高値を認めた.内科的治療を開始したが血圧がコントロールできず,第5 病日に左腎腫瘍摘出術を施行した.病理組織診断は間葉芽腎腫,富細胞型であり,ETV6-NTRK3 キメラ遺伝子陽性であった.術後は速やかに血圧と血清カルシウムは正常化した.後療法は行わず5 年間再発を認めていない.

著者関連情報
© 2016 特定非営利活動法人 日本小児外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top