日本緑化工学会誌
Online ISSN : 1884-3670
Print ISSN : 0916-7439
都市近郊コナラ林の構造と動態 (II)
林内における3年間のコナラ実生の動態
西村 尚之白石 高子山本 進論千葉 喬三
著者情報
ジャーナル フリー

16 巻 (1990) 4 号 p. 31-36

詳細
PDFをダウンロード (1066K) 発行機関連絡先
抄録

下層にピサカキ等の常緑広葉樹が優占する成熟したコナラ林内に, 低木層を除去した区 (L区) と低木層及びリター層を除去した区 (C区) の地床処理区と無処理区 (N区) を設け, コナラ実生の発生, 生残を3年間定期的に調査した。林床の相対照度はどの時期も地床処理区で高かった。実生の発生数はC区で最も多かった。無処理区での実生の発生は地床処理区に比べ約1ヵ月遅かった。どの区も早く発生した実生の初期死亡率は低く, 地床処理区では最終調査時のその生残率は遅く発生した実生に比べ高かった。発生当年の実生の生残率は無処理区で有意に低く, 翌年の生残率はL区, C区, N区の順で高かった。無処理区では発生後3年間ですべての実生が死亡した。分枝した実生の出現率は地床処理区で高く, 分枝個体の生残率は未分枝個体に比べ有意に高かった。本林分では自然状態の地床でのコナラ実生の定着はきわめて困難であるが, 低木除去の処理によりコナラ実生の生残に有利な環境が形成されることがわかった。

著者関連情報
© 日本緑化工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

緑化工技術

feedback
Top