日本統計学会誌
Online ISSN : 2189-1478
Print ISSN : 0389-5602
統計的推測理論の現状
久保川 達也江口 真透竹村 彰通小西 貞則
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 22 巻 3 号 p. 257-312

詳細
抄録

統計的推測理論は多方面にわたって発展しているが,ここではこの発展を,決定論的観点からの推定論,微分幾何的アプローチによる漸近理論,検定論,プートストラップ法,の4つのトピックにわけそれぞれのトピックに章をあてて概観する.全体の内容を調整した後,第1章を久保川,第2章を江口,第3章を竹村,第4章を小西がそれぞれ執筆した.トピックごとに文献もかなり明確にわかれるため,参考文献も各章ごとに与えてある.統計的推測理論のような大きな分野の発展を概観する際には,その中で何が重要な発展であるかなどについてさまざまな観点がありえる.ここでの概観も,それぞれの執筆者の観点にある程度引き寄せた概観となっていることをお断りしておきたい.

著者関連情報
© 日本統計学会
前の記事 次の記事
feedback
Top