ソーシャルワーク学会誌
Online ISSN : 2189-8944
Print ISSN : 1884-3654
ISSN-L : 1884-3654
実践報告
グループワーク現任研修後の高齢者デイサービスプログラムの変化と研修項目
水野 良也中島 慶行
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 37 巻 p. 1-13

詳細
抄録

 高齢者デイサービス職員に対し,グループワークに特化した1年に及ぶ研修を実施した結果,場の盛り上がりや滞りのない日課を重視したプログラムから,利用者の参加目的や課題を意識し能力の違いや関心の差を考慮したプログラムへの改善事例が見られた.分析の結果,その変化をもたらしたものは,利用者同士の良好な関わりや交流を高めるメンバー間の「相互作用」,サービスの選択や進行を工夫する際に具体的なヒントを与えてくれる「プログラム活動」,そして利用者の相互援助やエンパワメント向上を目指す「グループワークの目的」の3点に集約された.高齢者デイサービス施設職員に対するグループワーク研修のあらためての重要性と教えるべき研修項目が仮説として提示された.この仮説を踏まえて,より効果的な研修内容の改善と仮説検証法および実践の積み上げが今後の課題である.

著者関連情報
© 2018 日本ソーシャルワーク学会
次の記事
feedback
Top