日本輸血細胞治療学会誌
Online ISSN : 1883-0625
Print ISSN : 1881-3011
原著
輸血後不規則抗体陽性化症例の臨床経過についての検討
櫻木 美基子清川 知子細川 美香帰山 ともみ中尾 まゆみ池田 珠世押田 眞知子青地 寛永峰 啓丞冨山 佳昭
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 59 巻 4 号 p. 579-585

詳細
抄録

当院で2010年7月1日から2011年8月31日の14カ月間に不規則抗体検査を実施した症例中,輸血後に不規則抗体が陽性化した症例に関して,その頻度および臨床経過を検討した.不規則抗体検査の件数および実患者数は,検査件数16,945件,不規則抗体陽性456件(2.7%),実患者数は9,839例,陽性203例(2.1%)で,陽性203例中臨床的意義のある不規則抗体は93例(0.95% 93/9,839)であった.93例中輸血後に陽性化したのは14例(15% 14/93)であった.輸血実患者数は1,627例で,うち輸血後に不規則抗体検査を行ったのは700例であったため,輸血患者の2.0%(14/700)で輸血後に不規則抗体が陽性化した.さらにこの14例中輸血後30日以内に不規則抗体が陽性化した7例の副作用症状について検討したところ,1例が遅発性溶血性輸血副作用(DHTR),2例がDHTR疑診例で,残り4例は遅発性血清学的輸血副作用(DSTR)と考えられた.またDHTR 1例とDHTR疑診例1例は抗C+抗eが原因であり,これらの抗体のDHTRにおける重要性が示唆された.7例中4例が輸血歴を,女性4例中3例が妊娠歴を有しており,免疫既往のある患者はDHTRやDSTRを起こす可能性が高いと考えられた.

著者関連情報
© 2013 日本輸血・細胞治療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top