日本獣医麻酔外科学雑誌
Online ISSN : 2189-6631
Print ISSN : 2189-6623
ISSN-L : 2189-6623
短報
広範囲に狭窄し穿孔した食道に対してネラトンカテーテルを型に管腔再建した猫の1例
丹羽 昭博玉本 隆司遠藤 能史廉澤 剛
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 51 巻 3+4 号 p. 46-51

詳細
抄録

広範囲に狭窄し、穿孔した食道を有する6歳例の猫に対して、部分切除や吻合術が困難であったため、径の大きいネラトンカテーテル(NC)を食道へ挿入し、唾液の通過を確保すると同時に、NCを型にして食道となる管腔を再建した。NCを3ヶ月留置した後に抜去し、その後3年以上は軟らかい食餌ではあるが、吐出や嘔吐なしに自力採食可能であった。このことより食道の変性が広範囲におよぶ致死的な症例に対してNCを用いて管腔を再建する方法は有用であると考えられた。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人日本獣医麻酔外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top