日本野生動物医学会誌
Online ISSN : 2185-744X
Print ISSN : 1342-6133
ISSN-L : 1342-6133
研究短報
アカボウクジラ新生仔の舌形態
進藤 順治岡田 あゆみ天野 雅男吉村 建
著者情報
キーワード: アカボウクジラ, SEM,
ジャーナル フリー

2013 年 18 巻 4 号 p. 121-124

詳細
抄録

アカボウクジラ新生仔の舌を肉眼および走査型電子顕微鏡で観察した。舌は舌前部が幅広いスプーン状を呈し,その辺縁には3タイプから成る辺縁乳頭が複雑に分布していた。また,舌中央部両側には入り組んだ溝が観察された。舌背の上皮を剥離して現れる結合織芯は,円錐状を呈していたが,辺縁乳頭では一次芯から二次芯が派出し,溝では細長い棒状を呈していた。アカボウクジラ新生仔はこれら特徴的な舌形態を呈していた。

著者関連情報
© 2013 日本野生動物医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top