J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報の科学と技術
Vol. 64 (2014) No. 12 p. 501-507

記事言語:

http://doi.org/10.18919/jkg.64.12_501


インパクトファクターやh指数など被引用数をもとにした指標により,学術情報の評価が行われてきた。2010年前後より,被引用数にかわる評価指標として,ソーシャルメディアなどにおける言及の利用が試みられている。この指標はオルトメトリクスと総称される。本稿では,オルトメトリクスの概要,および,筆者が開発している国産オルトメトリクス計測サービスCeek.jp Altmetricsの開発について述べる。さらに,ソーシャルメディアなどにおける日本語文献の言及動向を報告し,今後の展望について述べる。

記事ツール

この記事を共有