情報の科学と技術
Online ISSN : 2189-8278
Print ISSN : 0913-3801
ISSN-L : 0913-3801
コンテンツと地域振興を論ずるための基礎構築と,エクスペリエンスへの眼差しの提案(<特集>インフォプロと地域活性化)
五十嵐 大悟
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2015 年 65 巻 5 号 p. 200-205

詳細
抄録

成長産業として捉えられている「コンテンツ」を地域振興に活用しようという動きが見られるが,本論ではコンテンツの語彙を精確に定義し,かつそれに包含され得ない生の体験を,エクスペリエンスという語を以って定義することで,健全な議論の基礎を構築する。更に情報の社会的性質を示し俯瞰的に論じる。その上で筆者が学術的フィールドワーク及び,アニメーション製作の実務経験を元に,コンテンツを用いる地域振興においてはコンテンツとエクスペリエンスの双方の視点から実践,研究する必要性とアイディアを示す。本論は,地域における情報のハブを構築する実務にてプラクティカルに活用できる知見の提供を行う。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top