情報の科学と技術
Online ISSN : 2189-8278
Print ISSN : 0913-3801
特集:図書館の価値 再考
大学図書館の「連携・協力」
小陳 左和子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

66 巻 (2016) 2 号 p. 60-66

詳細
PDFをダウンロード (392K) 発行機関連絡先
抄録

大学図書館が大学の教育研究活動を支える基盤であるためには,他館との相互協力が不可欠である。大学図書館間のネットワーク形成にあたっては,国公私立大学図書館協力委員会や国立・公立・私立大学の各図書館協(議)会といった組織体,また,長年学術コンテンツ事業を行っている国立情報学研究所が,大きな役割を果たしている。本稿では,現在これらの関係組織の間で,活動体制・枠組みの再構築が進められている,1)電子資料に関するコンソーシアム,2)機関リポジトリの推進,3)総合目録データベースNACSIS-CATの再構築,といった3つの事例を紹介することにより,最近の大学図書館における連携・協力の動向を概観する。

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top