情報の科学と技術
Online ISSN : 2189-8278
Print ISSN : 0913-3801
ISSN-L : 0913-3801
3i研究会報告
次世代ニーズを予測するための解析手法の研究 ~シャンプー開発を例として~
酒本 裕明法宗 布美子有賀 康裕左右内 敏浩丹 美幸都築 泉
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 67 巻 4 号 p. 194-201

詳細
抄録

商品開発ではニーズの把握が非常に重要である。そのため,将来のニーズ(例えば次のブーム)を予測する手法が今後益々必要とされる。そこで,本研究では,次世代商品ニーズの予測手法を確立することを目的とした。題材には身近な商品であるシャンプーを選択し,次に来るシャンプーブームを予測した。今回,各年代に発生したブームについて,出願件数の経年変化の数値に対して統計処理を行なう手法を試みた。その結果,いずれのブームにもブーム発生以前に前兆となるシグナルが確認された。この手法を用いて,種々の手法により抽出したニーズ候補を評価し,次世代商品ニーズ群の選定を試みた。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top