情報の科学と技術
Online ISSN : 2189-8278
Print ISSN : 0913-3801
特集:特許情報と人工知能(AI)
人工知能エンジン「KIBIT」を用いた自然言語処理と特許調査への応用
藤田 肇
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 67 巻 7 号 p. 360-365

詳細
抄録

「人工知能」は,次世代の情報処理技術として現在多くの注目を集め,様々な従来産業の形態を大きく替えようとしています。本稿では,FRONTEOが独自開発した人工知能エンジン「KIBIT」の特徴とその搭載製品を紹介します。また,KIBITが特許調査の実務において専門家をサポートする特許調査・分析システム「KIBIT Patent Explorer」と当社の取り組みを説明し,AIが変える未来の特許実務を紹介します。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top