情報の科学と技術
Online ISSN : 2189-8278
Print ISSN : 0913-3801
特集:データベースの設計,構築,活用
ウェブサイトで公開されるデータベースの保存 -Dnavi収載データのアクセス可否調査と公開データの長期保存-
木目沢 司村山 泰啓
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 67 巻 9 号 p. 459-464

詳細
抄録

インターネットの普及以降,ウェブサイトで多くのデータベースが公開されているが,内容やURLの変更,サイト閉鎖等により長期的なアクセスが保証されず,とくに調査研究において調査結果の根拠として用いる上で大きな課題となる。本稿では,2002-2014年に運用された国立国会図書館データベース・ナビゲーション・サービス(Dnavi)に収載されていたデータベース情報について,2017年時点でのアクセス可否を調査した結果を報告する。またデータベースの長期保存の方法について,国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)の利用や,電子情報の長期保存の規格であるOAIS参照モデルを参照した考察を行う。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top