情報の科学と技術
Online ISSN : 2189-8278
Print ISSN : 0913-3801
特集:大学におけるInstitutional Research
教員養成系大学における教学改善とIR -HATOプロジェクトの取り組みから-
岩田 康之
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 68 巻 3 号 p. 105-110

詳細
抄録

日本の教員養成系単科の四大学(北海道・愛知・東京・大阪。頭文字を取って「HATO」)では,協働して教員養成の機能強化の取り組みを2012年度より行っているが,その一環として,IR(Institutional Research)の手法を用いた教学改善に着手している。これは主に,入学時から卒業時に至る学生たちの意識に関する調査を協働で行い,データを収集・分析することとともに,それを各大学の内部データと関連づけて,教学改善を進めていく取り組みである。これまでのところ,学生の意識の実態解明などで一定の成果を挙げつつあり,今後は他のタイプの大学も含めて展開させていくことが計画されている。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top