関西医科大学雑誌
Online ISSN : 2185-3851
Print ISSN : 0022-8400
ISSN-L : 0022-8400
高齢化社会における骨再生療法
―骨形成タンパク質を用いた骨再生―
原 朋也覚道 奈津子森本 尚樹楠本 健司
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 69 巻 p. 19-22

詳細
抄録

顎顔面領域での骨欠損に対して骨移植術が行われているが,採骨量,侵襲などの制限がある.その問題を解決するために様々な生体材料が移植骨として利用されている.それらの生体材料のなかで骨誘導能を有する骨形成タンパク質(BMP)は有用なタンパク質として注目されている.高齢化に伴い生体材料を高齢者に用いることが必要になってきている.そのため我々はBMP骨形成能の研究,またBMP骨形成能と加齢との関係について研究を行っている.

著者関連情報
© 2018 関西医科大学医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top