日本地すべり学会誌
Online ISSN : 1882-0034
Print ISSN : 1348-3986
ISSN-L : 1348-3986
論文
熱水変質帯地すべりの地質的特徴-北海道生田原南地すべり地域の例-
前田 寛之納谷 宏植松 聡河野 勝宣
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 48 巻 3 号 p. 139-146

詳細
抄録

生田原南地すべり地域の古期大規模地すべりとその脚部の生田原南地すべり防止区域における古期中規模および最近の小規模地すべりは, 基岩地質による分類では, 熱水変質帯地すべり, また, 移動体構成物質による分類では, それぞれ熱水変質岩地すべりと, 岩屑地すべりまたは土砂地すべりである。古期大規模地すべりは, 主に北ノ王化石熱水系前期ステージ広域変質帯のスメクタイト-アナルサイト亜帯と同前期ステージ脈際中性帯のイライト-イライト/スメクタイト混合層鉱物亜帯からなる熱水性粘土化帯で発生している。一方, 生田原南地すべり防止区域の中規模および小規模地すべりは, 前期ステージ広域変質帯のスメクタイト-クリノタイロライト亜帯と, 前期ステージ脈際中性帯のカリ長石帯, イライト帯およびイライト/スメクタイト混合層鉱物帯で発生しているが, カリ長石帯やイライト帯においてもイライト/スメクタイト混合層鉱物やスメクタイトを特徴的に含む。したがって, 熱水変質帯地すべりの発生は, 規模の大小を問わず, 膨潤性粘土鉱物を含む熱水変質帯と密接な関係を持つ。

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 日本地すべり学会
前の記事 次の記事
feedback
Top