哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan
Online ISSN : 1884-393X
Print ISSN : 0546-0670
ISSN-L : 0546-0670
青森県恐山の森林棲翼手類相 (1)
町田 和彦斉藤 貴大八木 昭井上 茂樹斎藤 健
著者情報
ジャーナル フリー

1986 年 11 巻 3-4 号 p. 173-181

詳細
抄録

青森県下北半島北西部の恐山地域において, 森林棲翼手類相を調査し, 生態の若干について検討した。
1) 採集された種類は次の8種で, 恐山は今までに調査された地域に比して豊富な翼手類相を示した。ニホンコキクガシラコウモリRhinolophus cornutus coynutus, ニホンキクガシラコウモリRhinolophus ferrumequznum nippon, シナノホオヒゲコウモリMyotis hosonoi, カグヤコウモリMyotis frater kaguyae, モモジロコウモリMyotis macrodactylus, ナミエヒナコウモリVespeytilio superans, モリアブラコウモリPipistyellus endoi, ニホンコテングコウモリ, Murina silvatica.なお, モリアブラコウモリは青森県からの新記録である。
2) 調査地点により種組成が異なる結果を得た。
3) 捕獲数は日没後の19時~21時に最大のピークを示し, 22時~23時に第2のピーク, 明け方の4時~5時に第3のピークを示した。このピークは, 調査地点を採餌場所への移動経路として, あるいは採餌場所として利用している種によって示されたものと考えられる。
4) 採集された8種のうち, コキクガシラコウモリ, シナノホオヒゲコウモリ, カグヤコウモリ, モモジロコウモリ, モリアブラコウモリ及びコテングコウモリの6種に乳腺の発達した個体が見られた。また, シナノホオヒゲコウモリ, モモジロコウモリ, モリアブラコウモリ及びコテングコウモリの4種に幼獣が出現し, 8月中旬には飛翔していた。

著者関連情報
© 日本哺乳類学会
前の記事 次の記事
feedback
Top