順天堂醫事雑誌
Online ISSN : 2188-2126
Print ISSN : 2187-9737
話題 ワクチンをめぐる最近の話題
インフルエンザ・ワクチンについて
齋藤 孔良齋藤 玲子
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 59 巻 1 号 p. 41-48

詳細
抄録

インフルエンザワクチンは抗インフルエンザ薬とともに日本におけるインフルエンザ対策の要になっています. 日本を含む世界の多くの国々で使用されているスプリットワクチンは, ほぼ毎シーズンごとに抗原性が変化するウイルス膜蛋白質ヘマグルチニン (HA) が主成分であるため, 毎シーズンごとに世界規模のインフルエンザサーベイランスと各国の流行状況や抗体保有状況を考慮に入れたワクチン株の見直しが必要です. この総説では, 現在日本および世界各国で使用されているインフルエンザワクチンの性質, ワクチン株が毎年どのように決定されるか, ワクチンの投与量, スプリットワクチン以外の新しいワクチンの開発について説明します.

著者関連情報
© 2013 順天堂医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top