MACRO REVIEW
Online ISSN : 1884-2496
Print ISSN : 0915-0560
ISSN-L : 0915-0560
研究ノート
科学研究における分業化に伴うOpen Dataの展望
角田 晋也
著者情報
キーワード: discipline, open data, domain
ジャーナル フリー

2016 年 28 巻 1 号 p. 39-41

詳細
抄録

社会的課題の解決を志向したtrans-disciplineは考察の対象から外し、科学論文の再生産の循環に注目してオープンデータの展望を産業革命から類推した。科学研究データの流通に伴い、他分野(discipline)であっても自分の必要とするデータを吟味できる研究者の出現が期待される。ただし、科学研究データの流通は「アクセスと再利用を可能」とするが、必ずしも「公開」を意味しない。

著者関連情報
© 2016 日本マクロエンジニアリング学会
前の記事 次の記事
feedback
Top