MACRO REVIEW
Online ISSN : 1884-2496
Print ISSN : 0915-0560
ISSN-L : 0915-0560
マクロエンジニアリングの要素としての現代農業
岩淵 雅明
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 4 巻 2 号 p. 7-23

詳細
抄録

例えば,優秀なテレビの性能は,優秀な部品で作られ,かつ,優れた設計と,正しい工程を経ることにより生まれる。そして,その優れた部品も,正しい品質の材料(QC合格品)があって初めて成立する。ではマクロエンジニアリングの系を構成する,部品の一つは,人間自体であり,その頭脳である。そしてそれらを支えているものは,農産物を主体とする,食品という名の部品である。この食品が正しい部品足り得るためには,正しい,土地,水,空気,等の環境,肥料,そして農法が,正しくなければ,ならないがそれらは,もはや望むべくもない。その結果,否応なしに,現代人は,「モドキ」食品とつき合わざるを得ない,羽目になってしまった。しかし,この「モドキ」食品とうまく付き合う方法が,全くないわけではない。

著者関連情報
© 日本マクロエンジニアリング学会
前の記事 次の記事
feedback
Top