気象集誌. 第2輯
Online ISSN : 2186-9057
Print ISSN : 0026-1165
冬の季節風時の日本海上の収束雲帯の構造
穂積 邦彦孫野 長治
著者情報
ジャーナル フリー

1984 年 62 巻 3 号 p. 522-533

詳細
抄録

冬の季節風時に日本海中部に発生する収束帯にともなう帯状雲を,日本航空の定期便から写真撮影することにより観測し,その構造を三角測量方法で解析した。山陰地方のレーダー写真や日降雪量の分布も考慮して,収束雲帯の南西側の端に高い雲堤の列があり,これが山陰地方に局地的な大雪をもたらすことがわかったまた収束雲帯の発生機構を議論し,その立体構造のモデルが提案された。

著者関連情報
© 社団法人 日本気象学会
前の記事 次の記事
feedback
Top