J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Journal of Neuroendovascular Therapy
Vol. 5 (2011) No. 2 P 99-105

記事言語:

http://doi.org/10.5797/jnet.5.99

原著

目的】頚動脈ステント留置術(carotid artery stenting;CAS)は主にフィルターデバイスを用いて行われる.我々は術後にフィルターをHematoxylinEosin(HE)染色し,回収されたデブリスを観察している.本研究では頚動脈内膜剥離術(carotid endarterectomy;CEA)病理標本とデブリスを比較し,デブリスの性状の同定を試みた.【対象と方法】当科にてCASを施行した27例(28病変)とCEAを施行した49例(49病変)を対象とした.デブリスの観察はフィルターをHE染色し,filter membraneをstrutより離断し,プレパラートを作成後に観察した.CEAで摘出されたプラークは固定後に包埋し,切片を作成した.HE染色および特殊染色し,観察した.【結果】CEA標本にはプラーク内出血,血栓,石灰化,コレステリン結晶,線維性被膜,炎症細胞浸潤,平滑筋増殖などが観察された.CASで回収されたデブリスは血栓性デブリス,石灰化デブリス,脂質性デブリス,線維性デブリス,細胞性デブリスなどと同定された.【結論】CASで回収されたデブリスはCEA病理標本と比較することで,その性状を同定できた.
〈第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会優秀演題推薦論文〉

記事ツール

この記事を共有