Journal of Neuroendovascular Therapy
症例報告
頚部内頚動脈狭窄症に対するCarotid Wallstent留置術後短期間でステントの短縮と総頚動脈への滑落を認めた1例:症例報告
大島 幸亮寺田 友昭檜山 孝美大久保 信治池田 律子工藤 忠小林 博雄
著者情報
ジャーナル フリー

5 巻 (2011) 3 号 p. 183-187

詳細
PDFをダウンロード (552K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】内頚動脈狭窄に対し,Carotid Wallstent留置後,短期間で著しいステント短縮と総頚動脈への滑落を認め,追加治療を行った症例を報告する.【症例】72歳,男性.NASCET 74%の無症候性右頚部内頚動脈狭窄症に対して,Carotid Wallstentを用いて頚動脈ステント留置術を施行.しかし,狭窄遠位の屈曲で,フィルターが遠位まで入らず,企図した位置より近位でのステント留置となった.術後3日目に著しいステント短縮と総頚動脈へのステント滑落を認め,前回のステント遠位にPreciseを重ねて追加留置した.【結論】内頚動脈,総頚動脈の径にギャップのある場合や,屈曲を伴い十分末梢までステントを留置しにくい症例にCarotid Wallstentを留置する場合,留置時の配慮が必要である.

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top