自然言語処理
Online ISSN : 2185-8314
Print ISSN : 1340-7619
論文
点予測による形態素解析
森 信介中田 陽介Neubig Graham河原 達也
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 18 巻 4 号 p. 367-381

詳細
抄録

本論文では,形態素解析の問題を単語分割と品詞推定に分解し,それぞれの処理で点予測を用いる手法を提案する.点予測とは,分類器の素性として,周囲の単語境界や品詞等の推定値を利用せずに,周囲の文字列の情報のみを利用する方法である.点予測を用いることで,柔軟に言語資源を利用することができる.特に分野適応において,低い人的コストで,高い分野適応性を実現できる.提案手法の評価として,言語資源が豊富な一般分野において,既存手法である条件付き確率場と形態素 n-gram モデルとの解析精度の比較を行い,同程度の精度を得た.さらに,提案手法の分野適応性を評価するための評価実験を行い,高い分野適応性を示す結果を得た.

著者関連情報
© 2011 言語処理学会
前の記事
feedback
Top