看護理工学会誌
Online ISSN : 2432-6283
Print ISSN : 2188-4323
原著
高周波超音波診断装置を用いた皮膚イメージングと皮膚内部組織の比較:コラーゲン・エラスチン量とエコー輝度の関係
大貝 和裕松本 勝青木 未来臺 美佐子前馬 宏子打出 喜義須釜 淳子
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 5 巻 1 号 p. 65-73

詳細
抄録

 背景:高周波超音波診断装置(エコー)は皮膚の非侵襲的イメージングに用いられているが,実組織との関係を検討した知見は少ない.本研究の目的は,エコー画像と実際の皮膚組織に着目し,手術の際に除去される帝王切開痕を用いて比較することである.方法:本研究では,書面によるインフォームドコンセントを得られた12名の妊婦を対象とした.出産前に瘢痕部と周囲皮膚をエコーで撮影した.反復帝王切開時,産科医によって瘢痕組織が採取され,コラーゲン・エラスチン染色に供された.染色画像を用いてコラーゲン量とエラスチン量の定量を行った.結果:瘢痕部は密な構造であったが,低エコーであった.エコー輝度とエラスチン陽性面積に有意な相関が認められたが,コラーゲン陽性面積とは有意な相関は認められなかった.結論:エコー輝度はコラーゲンの量や密度よりはむしろ,エラスチンの量とより相関することが明らかとなった.

著者関連情報
© 2018 看護理工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top