原子力バックエンド研究
Online ISSN : 2186-7135
Print ISSN : 1884-7579
ISSN-L : 1343-4446
研究論文
塩水条件での緩衝材の力学挙動に対する弾塑性構成モデルの適用性に関する研究
高山 裕介菊池 広人
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 27 巻 1 号 p. 12-21

詳細
抄録

 本研究では,処分施設設計等において緩衝材の力学挙動を解析する際に重要となる構成モデルについて,様々な塩水条件での緩衝材の力学挙動に対する既存の弾塑性構成モデルの適用性を検討した.まず,試験データが比較的少ない塩水条件での圧密非排水三軸圧縮試験を実施し,得られた試験結果と既往の標準圧密試験と圧密非排水三軸圧縮試験の結果から蒸留水条件と塩水条件での緩衝材の力学挙動の違いを分析した.特に,試験溶液条件の違いによって標準圧密試験での除荷時の変形量に大きな差異が生じることを確認した.続いて,これらの試験の再現解析により,蒸留水および塩水条件での緩衝材の力学挙動に対する修正カムクレイモデルの適用性を検討した.その結果,蒸留水条件でのパラメータの内,膨潤指数を変化させることで,塩水条件での緩衝材の力学挙動を概ね再現できることを確認した.

著者関連情報
© 2020 一般社団法人日本原子力学会 バックエンド部会
前の記事 次の記事
feedback
Top