情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
ISSN-L : 0021-7298
治験薬中間体ビジネスにおける新規用途調査法
―治験薬中間体DBの構築―
岡 紀子田中 章夫
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 47 巻 4 号 p. 229-241

詳細
抄録

ファインケミカル分野の中間体ビジネスを目的に,有効な中間体データベースを構築した。このデータベースを利用して,自社技術あるいは自社化合物の応用展開を目指して,対象とする治験薬を効率的に調査する手法を確立した。中間体データベース(治験薬中間体DB)は,市販の治験薬データベースの治験薬情報とその中間体情報で構成されている。中間体はChemical Abstracts(CA)合成文献の索引情報から抽出することにより,網羅性を上げている。このデータベースを利用することで,中間体の部分構造を指定するだけで,指定した部分構造を含む中間体とその治験薬を検索することが可能になった。市販の治験薬データベースとCA文献情報をカスタマイズし新規なデータベースを構築することにより,従来の文献検索による用途調査法では件数が多く推定が難しい場合にも,有効な調査法となることを検証したので報告する。

著者関連情報
© Japan Science and Technology Agency 2004
次の記事
feedback
Top