情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
「Web2.0」時代に対応する学術情報発信へ
真のユーザー参加拡大のためのデータ開放の提案
岡本 真
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 49 巻 11 号 p. 632-643

詳細
抄録

「Web2.0」時代における学術情報発信のあり方について展望と課題を示す。まず「Web2.0」の理解の仕方を説き,続いてブログにおける学術情報発信の実例に基づいて「Web2.0」が学術情報発信にもたらす価値を説く。特にユーザー参加の拡大と参加拡大のためのデータ開放の意義を強調する。同時にユーザー参加による学術情報発信の活性化を阻む要因の存在を指摘し,現時点におけるブログを中心としたWebでの学術情報発信におけるコミュニケーションモデルの限界を示唆する。最後に課題を解決するための方策として,学術情報発信組織が有する大規模データの開放を提案する。

著者関連情報
© Japan Science and Technology Agency 2007
前の記事 次の記事
feedback
Top