情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
J-STAGE投稿審査システムの現状と課題
―発行誌への投稿審査システム導入のヒント
荒川 紀子和田 光俊時実 象一
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 49 巻 3 号 p. 123-131

詳細
抄録

投稿審査システムは,郵便やFAXで行われてきた論文審査のやりとりを電子化し,Webに載せるものである。その魅力は,審査工程の迅速化以外にも,事務作業の軽減,利便性・信頼性の向上,電子ならではの新しい審査支援の実現など多面的である。
国内の学協会誌のための電子ジャーナルプラットフォームであるJ-STAGEでは,2005年にリリースした投稿審査システムの汎用版により,雑誌ごとのカスタマイズが可能な形で投稿・審査・制作・公開までを一貫して提供できるようになった。日本の学会が投稿審査システムを導入するに当たって考慮すべきことに触れながら,その開発コンセプト,機能や今後の展望についてまとめる。

著者関連情報
© Japan Science and Technology Agency 2006
前の記事 次の記事
feedback
Top