J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報管理
Vol. 49 (2006) No. 6 P 313-323

記事言語:

http://doi.org/10.1241/johokanri.49.313


国立国会図書館が目指している「国立国会図書館デジタルアーカイブポータル」は,広く国のデジタルコンテンツ全体へのナビゲーションを行うことを目指すものである。平成19年度以降の稼働に先立ち,プロトタイプを構築し「統合検索」のために必要な機能の検証を行ってきた。本稿ではプロトタイプの概要を示し,さらに今後の方向性について述べる。デジタルアーカイブを保有する各機関にWebサービスによるサービス提供機能の実装を呼びかけるとともに,Web2.0時代にふさわしいポータルの構築を目指し,機械的な連携とデジタル情報の一層の利活用を図る。

Copyright © Japan Science and Technology Agency 2006

記事ツール

この記事を共有