情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
特許情報における原語検索の必要性と自動翻訳によるサポート Google翻訳ツールの特許情報への活用
伊藤 徹男
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 53 巻 11 号 p. 600-609

詳細
抄録

商用英語データベースでは,US,EP,PCT以外のアジアや新興国など非英語圏の特許情報の収録が悪い。加えて,特許明細書を原語から英語に翻訳する際に,多様な表記の揺れ,誤訳,スペルミスがキーワードだけでなく,出願人名などの書誌事項にも及ぶ。そこで,本稿では,非英語圏の特許情報を扱うには,英語データベースだけでなく,各国特許庁の原語データベースも調査対象とする必要性について述べた。そして,原語データベースを検索・出力する際には「Google翻訳」など無料翻訳ツールを利用することにより,比較的容易に特許情報を収集し,読み進めることができることを紹介するとともに,これら翻訳ツールを利用する際の留意点についても触れた。

著者関連情報
© Japan Science and Technology Agency 2011
前の記事 次の記事
feedback
Top