情報管理
研究者識別子ORCIDの取り組み
蔵川 圭武田 英明
著者情報
ジャーナル フリー

54 巻 (2011) 10 号 p. 622-631

詳細
PDFをダウンロード (1075K) 発行機関連絡先
抄録

本稿では2009年より始まった国際的な研究者識別子付与活動であるORCID(Open Researcher and Contributor ID)について解説する。ORCIDは世界中の研究者に一意の識別子を与えることで,さまざまな学術コミュニケーションを円滑にすることを目的としている。このために学術コミュニケーションに関与する出版社,大学,研究助成機関等が集まって非営利法人ORCID Inc.を設立して,活動の母体としている。現在300近い組織が参加している。ORCIDのIDは個別の研究者にとっては自己の研究業績の集約や他の研究者の業績の発見に役立つ。大学にとっては組織の業績をまとめるのに貢献する。出版社には著者や査読者の同定に貢献する。研究助成機関にとっては,応募者の同定に役立つ。ORCIDのサービスは2012年の初頭に最初の機能限定版が公開され,2012年中にはより多くの機能を含んだサービスが公開される予定である。

著者関連情報
© Japan Science and Technology Agency 2012
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top