情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
バイオテクノロジー分野における特許分類および引用情報を指標とした特許の価値評価に関する一考察
三原 健治
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 54 巻 11 号 p. 738-749

詳細
抄録

特許を活用したイノベーションの測定において,「特許の価値とは何か」という問いに対する答えを求める努力が続けられている。特許の価値を評価するにあたり,特許分類や引用情報が活用されることも多い。また,バイオテクノロジー分野は環境・医療への応用面などで注目されており,特許の価値評価についても多くの研究が行われている。しかしながら,バイオテクノロジー分野については体系的な特許分類が確立しておらず分類情報をそのまま利用することは非常に慎重でなければならないこと,引用についても学術論文と特許の引用パターンは一般化できないくらい複雑なものであることについて十分に認識されているとはいえない。本論文は,以上の問題点についてバイオテクノロジー分野の特許審査官として職務を遂行した筆者の経験から検証し,特許の価値評価がいかなるものであるべきかについての考察を与えたものである。

著者関連情報
© Japan Science and Technology Agency 2012
前の記事 次の記事
feedback
Top