情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
 
住民基本台帳ネットワーク統一文字とその問題点
安岡 孝一
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2013 年 55 巻 11 号 p. 826-832

詳細
抄録

住民基本台帳ネットワーク統一文字は,当初はUCS(国際符号化文字集合)を拡張する形で設計されており,いかなるコンピューターでも使用できるオープンなシステムを目指したはずだった。しかし,UCSの基本設計に対する誤解や,その後のUCSの変化に十分追随できなかったために,住民基本台帳ネットワーク統一文字は,もはや現代のOS上では動作しない文字コードになってしまっている。本稿では,住民基本台帳ネットワーク統一文字の問題点と,その問題点を踏まえた上での今後の方策について述べる。

著者関連情報
© 2013 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事
feedback
Top