情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
人工知能研究半世紀の歩みと今後の課題
西田 豊明
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2012 年 55 巻 7 号 p. 461-471

詳細
抄録

ネットワーク社会が急速に形成されつつある今日,人工知能研究は1950年代から今日までの五十余年にわたる1番目のステージを終え,2番目のステージに移りつつある。本稿では,第2ステージの人工知能研究のあり方を議論するため,まず,過去の人工知能研究の流れを回顧し,顕著な成果が大規模探索,知識ベースシステム,言語・音声・画像処理,プランニング,機械学習とデータマイニング,人工知能と芸術との融合であることを指摘する。次に,「すごい」と言わせるくらいの高い問題解決能力を持つ知的エージェントを作ることを目指した従来研究に対して,これからの研究では,ユーザーに「君がいてよかった」と言ってもらえるような高い共感力を持ち,計算知能と人間社会をつなぐコミュニケーション知能の実現にもっと重点を置くべきであることを論じる。

著者関連情報
© 2012 Japan Science and Technology Agency
次の記事
feedback
Top