情報管理
日本発行の科学技術分野の電子ジャーナル数 2005年,2008年,2013年の比較
時実 象一
著者情報
ジャーナル フリー HTML

56 巻 (2013) 12 号 p. 822-832

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1348K) 発行機関連絡先
抄録

わが国の主要な電子ジャーナル・プラットフォーム,J-STAGE,NII-ELS,メディカルオンラインにおける科学技術分野の学術雑誌の登載数を2005,2008,2013年の3回にわたり調査した。2013年2月における全雑誌中の電子ジャーナルの比率は,和文・混載誌38.7%,英文誌89.3%,全体では44.5%であった。全プラットフォームの,2005年から2013年の間の電子ジャーナル増加率は,和文・混載誌が83.9%,英文誌が29.2%,全体では73.6%であった。また,プラットフォームごとの比較では,J-STAGEの増加が顕著であった。英文電子ジャーナル334誌については,49.7%(166誌)が海外出版社からのみ提供されている。海外出版社のシェア,および各雑誌の出版社の推移についても調査した。JST(JSTPlusおよびJMEDPlus),NII-CJP,医学中央雑誌,JAPICの各文献データベースの2011年収録雑誌数の重複を調べたところ,JSTのみに収録されている雑誌数(567誌)は,NII-CJPのみの収録誌(226誌),医学中央雑誌のみの収録誌(174誌)と比較して多かった。データベース間の重複では,JSTと医学中央雑誌の重複が多いことがわかった。

著者関連情報
© 2014 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top