J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報管理
Vol. 56 (2013) No. 4 P 197-207

記事言語:

http://doi.org/10.1241/johokanri.56.197

  • 抄録

英国においては1992年の大学制度改革以降,研究資金の配分がアセスメントに基づく競争的な方法に大きく変化した。それに伴い研究,研究者の客観的評価の重要性が広く認識されるようになり,各大学ではそのための研究マネジメントの強化が図られてきた。研究者個人や研究プロジェクト単位ではなく組織としての自己分析による研究戦略を立案・遂行していくことが求められるような状況へと変化してきている。本稿では英国における制度の変遷を概観し,研究情報管理の現場で広く使用されているツール(ソフトウェア)について解説しそれが管理側,研究側双方の中でどのように受容され普及してきたかを紹介する。

Copyright © 2013 Japan Science and Technology Agency

記事ツール

この記事を共有