情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
わが国における研究不正 公開情報に基づくマクロ分析(2)
松澤 孝明
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2013 年 56 巻 4 号 p. 222-235

詳細
抄録

本報告は,研究不正に対する関心の高まりを受け,その低減を図る観点から,わが国の研究不正についてマクロ分析を行ったものである。データの捏造,改ざんおよび盗用を含む研究不正についての公開情報を収集し,主として研究不正が発生した機関の特徴や研究不正の責任が問われた研究者の役職や年齢構成,研究不正の動機などに着目した分析を行い,わが国の研究不正の特徴,および研究不正低減のための取り組みについて考察を行った。

著者関連情報
© 2013 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事
feedback
Top