J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報管理
Vol. 56 (2013) No. 7 P 440-447

記事言語:

http://doi.org/10.1241/johokanri.56.440


政府・地方自治体・公的機関による情報公開の取り組みの一環として「オープンデータ」が注目を集めている。欧米の動きと比較すると,日本におけるオープンデータの普及が遅れていることは確かであるが,行政機関や市民の努力によって,急速にデータの質・量ともに充実が進んでいる。本稿では国内における先進例を紹介し,今後の展望について議論する。

Copyright © 2013 Japan Science and Technology Agency

記事ツール

この記事を共有