情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
ISSN-L : 0021-7298
日本の研究者による電子情報資源の利用
SCREAL2011調査の結果から
佐藤 義則小山 憲司三根 慎二倉田 敬子逸村 宏竹内 比呂也土屋 俊
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2013 年 56 巻 8 号 p. 506-514

詳細
抄録

国内45機関の参加・協力の下,2011年10月から12月にかけ電子ジャーナルの利用に関するアンケート調査を実施し,広範囲の主題領域の研究者(教員,博士後期課程大学院生)から3,922の回答を得た。これらのデータを多方面から分析した結果,電子ジャーナルの利用がより広範囲にかつ深く浸透するようになっただけでなく,利用者の読書行動や意識(選好)も大きく変化していることが明らかとなった。また,電子ジャーナルの利用度の違いは国際文献と国内文献のいずれを主に利用しているかに密接に関係しており,印刷体と電子情報資源に対するそれぞれ別個のサービスモデルの維持を避けるためには,国内文献の電子化の遅れの解消が必要であることがあらためて確認された。

著者関連情報
© 2013 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事
feedback
Top