情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用
福成 洋
著者情報
ジャーナル フリー HTML

57 巻 (2014) 6 号 p. 376-386

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1266K) 発行機関連絡先
抄録

本稿では「アクションにつながる分析」をキーワードに,書誌情報を基にした研究戦略のための分析事例を紹介する。前半では研究力分析の評価指標について,被引用数やImpact Factorの限界について言及したうえで,分野横断のインパクト指標やジャーナル指標を紹介する。後半では,エルゼビアが国内外の大学に対して行った具体的事例を用いて,国際共同研究を促進するための具体的実践例を紹介する。まず国際共同研究の現状を,大学別,分野別に共著論文数,インパクト指標で考察する。さらに個人別の論文集合データ(Author Profile)を用いて,共同研究の参加研究者を特定した具体的なアクションにつなげる。Author Profileは研究者同士の交流促進にも利用でき,さらには研究者の流動性分析も可能にする。

著者関連情報
© 2014 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top