情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
国立国会図書館サーチのメタデータ収録状況 Europeanaとの比較調査
塩崎 亮菊地 祐子安藤 大輝
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2014 年 57 巻 9 号 p. 651-663

詳細
抄録

各国の国立図書館を中心に,複数データベースから集約したメタデータを第三者が利活用可能な形式で公開する「プラットフォーム」化の動きがある。本稿では,先行例である欧州のEuropeanaと,日本の「プラットフォーム」の1つといえる国立国会図書館サーチのメタデータ収録状況について比較考察を行った。結果,国立国会図書館サーチは,国際的にみても大規模なデジタル文化資源へのアクセス機会を提供しているが,メタデータ形式や連携方式の標準化は進んでいないことが明らかとなった。今後は,データのライセンスを整備のうえ,参加機関との持続的な関係を構築していくことが課題となる。

著者関連情報
© 2014 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事
feedback
Top