J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報管理
Vol. 58 (2015) No. 2 p. 83-91

記事言語:

http://doi.org/10.1241/johokanri.58.83


京都大学では,2011年度より研究推進に携わる専門職としてリサーチ・アドミニストレーター(University Research Administrator: URA)を任用し,学術研究支援室と8つの部局URA室,2つのユニット付きURAからなるURAネットワークを構築してきた。URAによる主要な研究推進業務の1つとして研究資金獲得支援があげられる。本稿では,URAネットワークで実施している科研費申請支援,人文・社会科学系(人社系)研究者のための支援,ICTを活用した情報の集約と分析について紹介する。また,支援業務の中で浮かび上がってきた,学内でのナレッジの共有,よりプロアクティブな支援の必要性,人社系研究支援の検討などの課題について述べる。

Copyright © 2015 Japan Science and Technology Agency

記事ツール

この記事を共有