情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
JSTファンディング情報のデータベース化(JST-FMDB)とその活用法 研究開発戦略の立案・評価における情報の役割と方向性
黒沢 努水田 寿雄小賀坂 康志
著者情報
ジャーナル フリー HTML

58 巻 (2015) 4 号 p. 286-292

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (531K) 発行機関連絡先
抄録

JSTは前身のJRDC創設以来,50年以上にわたり基礎研究や産業化を通じてイノベーション創出を目指す戦略的研究ファンディング(資金提供)を実施してきた。その結果,数々のノーベル賞受賞者を輩出し,我が国の科学技術の発展に貢献してきた。すでに日本は超高齢社会と人口減少の時代に突入し,科学技術関係予算は大きく伸びる可能性は少なく,限られた科学技術関係予算でグローバル競争を勝ち抜かなくてはならない。JST-FMDBは,将来にわたって必要性の高まるイノベーション戦略策定等を情報面から支援する情報分析基盤を提供するものであり,JSTが研究開発資金を提供した2万件以上のファンディング情報の蓄積と日本最大の研究資金助成事業である科研費の情報を横断的に検索・分析できる仕組みとなっている。本稿では,JST-FMDBの構築プロセスと将来に向けたファンディングにおける情報の役割について述べる。

著者関連情報
© 2015 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事

オルトメトリクス
閲覧履歴
feedback
Top