情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
科学はどこまでオープンにできるか
有田 正規
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2015 年 58 巻 5 号 p. 353-360

詳細
抄録

先進諸国は科学研究のオープンデータ化とアクセスの拡大を進めている。その背景には商業学術雑誌の価格高騰によるクローズ化と,先端研究の大規模化・高度化による追試の難しさがある。しかし,学術情報を無償公開すべきというのは非現実的である。情報の維持管理には大きなコストがかかり,そのライフサイクルを見通す必要がある。例として,学術論文を無償公開するオープンアクセス運動は低レベルの商業誌を生む結果に終わり,研究環境を悪化させた。有償も考慮した学術知識のオープン化を通して社会経済に役立つ仕組みづくりを真剣に考える必要がある。国際連携も視野に入れながら,学術情報のライフサイクルを維持できる施策が望まれる。

著者関連情報
© 2015 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事
feedback
Top