情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
地球環境情報統融合プログラムDIAS データ共有に基づく社会課題解決
北本 朝展川崎 昭如絹谷 弘子玉川 勝徳柴崎 亮介喜連川 優
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2015 年 58 巻 6 号 p. 413-421

詳細
抄録

地球環境情報統融合プログラムDIASは,大規模かつ多様な地球観測データを中心に,社会経済データなどとも統融合することで,環境問題など社会課題の解決に有用な情報を国内外に提供することを目的とする。DIASは研究データの基盤システムを構築するだけでなく,基盤システム上のアプリケーション開発を主導するコミュニティを確立している点で,世界的にもまれなプロジェクトである。本稿ではまずDIASの概要を紹介し,DIASが基盤システム,アプリケーション開発,研究開発コミュニティという3つのシステムから構成されることを述べる。次にデータ共有の観点から,データアクセス,メタデータ,データポリシーに関するDIASの考え方をまとめる。そして,DIASが国際的な社会課題解決に貢献した例として,チュニジアを対象に行った気候変動予測に基づく洪水対策の立案に資するデータ統合解析を紹介する。最後にDIASの研究開発における今後の方向性について考える。

著者関連情報
© 2015 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事
feedback
Top