情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
ISSN-L : 0021-7298
リレーエッセー
つながれインフォプロ 第28回 図書館,出前はじめました
浦 さやか金丸 明彦松村 悠子宮脇 英俊
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2016 年 59 巻 1 号 p. 57-60

詳細

長崎大学附属図書館では,「出前図書館」という新たなサービスを開始した。

長崎大学には3つのキャンパスに3つの図書館(文教キャンパス:中央図書館,坂本キャンパス:医学分館,片淵キャンパス:経済学部分館)があり,それぞれの図書館でサービスを行っている。本稿では,この新しい取り組みについて,中央図書館・経済学部分館の事例を中心にご報告する。

出前図書館を始める

“司書にしかできない知の拠点で行うサービスを考えよう”として,2015年10月,長崎大学に出前図書館が誕生した。

2015年4月半ばに出前図書館というものの存在を知り館内に広めるというタネをまき,4月終わり頃に出前図書館の事業開始が承認され,若葉が芽吹き始める感がした。秋口にこの花を咲かせるために(出前図書館事業スタート),開花までの約半年間に準備を整え,入念なお手入れ(教員との協力関係構築や必要物品導入)を行ったのである。

タネをまき若葉を育てる期間に,兵庫教育大学附属図書館での先行事例注1)を参考にするなどして事業の概要を練り上げた。館内で実施のゴーサインをもらい,必要となる品々を用意した。出前本を運搬するカート,出前が実施されていることを目立たせるのぼりや看板,展示用品,貸し出し・返却の専用機器(学生の出席管理用機器をカスタマイズした)などである。全学の教務委員会で報告し,その後広報活動を行った(12)。

今ではオーダーメイド版と称している特定の授業向けの出前のほかに,各学部の教室前などで貸し出すことで,特定の授業の学生だけではなく,通りかかったすべての学生を対象にしたサービスも加えることにもなった。

本学で行った出前図書館の概略は次のとおりである。

1.学部のエントランスや講義室などに図書を運んで,その場を即席のミニ図書館にする。

2.各学部の授業科目や全学教育科目に沿った内容の図書を出前する。

3.出前先のその場で貸し出し・返却手続きを行う。

4.選書した図書はNU-LibGuides(授業資料ガイド)に登録する。

5.出前図書は,40~50冊程度を用意する。

出前図書館を実施することで次のような効果を期待した(3)。

①授業の理解向上

②主体的な学習姿勢の確立

③読書意欲の増進

④学習意欲の向上

⑤教員と連携した授業支援の確立

⑥図書館貸し出し数の増加

図1 貸し出し・返却の専用機器
図2 広報ポスター
図3 事業概要図

中央図書館での出前図書館

10月からのサービス開始を前に,全教職員宛てにメールでの広報活動を行った。また,学部掲示板へのポスター掲示によって,学生への周知も図った。

その結果,2名の教員から10月に計3回の授業への出前依頼があった。授業への出前(オーダーメイド版)に際しては,事前に教員にヒアリングシートの提出をお願いし,授業内容を把握するとともに,教員にも選書にかかわってもらった。また,図書館職員選書分についても事前に教員に内容を確認してもらい,全部で40~50冊程度の図書を決定して出前に臨んだ。

いずれの授業でも,出前した図書について先生方が学生にその場で紹介してくださることにより,学生の図書への関心が深まったようで,その場で手にとって読みふける学生や,実際に借りて帰る学生がいた。おそらく,われわれ職員が出前するだけでは,ここまでの関心は得られなかったと思う。

その後,1月に医学分館担当者と共同での出前図書館も行った。こちらは,理系の教員が文系の学生に授業を行うという目的の授業で,中央図書館からは一般的な図書を,医学分館からは貴重資料も含めた専門的な図書をそれぞれ出前した。

オーダーメイド版から少し遅れて,学部への出前図書館も10月後半より開始した(4)。各学部注2)の学務担当者にお願いし,比較的人通りの多い場所を出前場所として提供してもらった。出前は週に1回,いずれかの学部に1時間というスケジュールだった注3)

出前する図書は40~50冊程度で,出前時間の前後に行われている授業のシラバスを参考に,学生の興味を引くような,学部の専門性に配慮した内容の図書を中心に選んだ。また,語学やレポート作成,文学の図書も混ぜるようにした。

試験期直前の1月末まで,計10回の出前を行ったが,授業への出前に比べてなかなか学生が足を止めてくれず,苦戦した。足を止めてもらえないものだから,出前した図書の内容が適切なのかどうかも判断がつかず,まだ手探り状態である。しかし,「何あれ。出前図書館だって」と友人同士で話しながら通り過ぎる学生や,中には「どうして,この取り組みを始めたんですか」と質問してくれ,「いい取り組みだと思います。頑張ってください」と声をかけてくれる学生にも出会えた。また,通りすがりの教員からも,「次から事前に連絡してくれれば,自分から学生にアナウンスするよ」と声をかけてもらえることもあった。このように貸し出し冊数は少ないながらも,図書館への関心をもってもらえたことで,この取り組みを始めたことに意義を感じることができた。また,ありがたいことに,地元新聞に取り上げてもらうといううれしい出来事もあった。

中央図書館での出前実績は,1のとおりである。

図4 学部への出前風景
表1 中央図書館での出前図書館実績

経済学部での出前図書館

8月にアクティブ・ラーニング型の授業をされている教員と打ち合わせを行った。10月から1月までの毎週の授業に,出前図書館を活用することで実現の運びとなった。先生からも書架からの選書およびメールでのリストアップをしていただき,早々に,図書の選定を済ませ,蔵書にないものは購入し,2015年10月8日(木曜日)2限目,経済学部で最初の出前図書館を実施した(5)。出前した図書は58冊注4)

出前場所は経営戦略論を学ぶ約100名の学生たちで熱気に満ちた大講義室である。初日は授業の概要説明等で模様眺めの感があり,借りた人は1人だった。しかし,出前図書館をしなかったら貸し出されていなかっただろうと思うと,感慨深いものがある。また,借りるまでには至らないケースでも,授業中に出前本を活用している姿を見るとやってよかったと実感した。授業の回数を重ねていくと,その進み具合に合わせて,用意していく出前本に変化を与えた。たとえば,学習内容の中間発表のプレゼンテーションが行われる予定の前週には,パソコンソフトのマニュアル本やプレゼンテーションの仕方の資料を加えたりした。多くの資料が授業中に利用されていた。図書館にいるだけでは決してこの光景は見ることはできなかったわけである。授業に貢献できた図書館,図書館から飛び出した資料たち,学生たちが図書館に行かなくても,その授業に関連する資料を手にでき,読んで,知識を増やしていくことができる環境を作ってあげられたことに新しい息吹を感じた。

経済学部での出前図書館の回数は11回(10月8日~1月14日)だった。貸し出しは19冊という冊数であったが,授業と連携したので,授業中の利用85冊と合わせたら,初年度としてはまずまずの結果だったかなと思う(2)。

経済学部では秋からの4か月間,木曜日2限目にキャンパス内を,ブックトラックを押して講義室に向かう私たち図書館員の姿が恒例となった。この出前図書館を知ったある教員から,「あまり図書館に行かない学生だけでなく,図書館に毎日行く学生にとっても,まとめて関連する本が見られる意義がある。大学の学びでは,いろいろな本を,意見の違う本を読み比べる必要がある。とてもよいきっかけになる」という好意的なご意見をいただいた。

図5 経済学部の出前図書館
表2 経済学部での出前図書館実績

最後に

2015年度に長崎大学図書館で初めて実施した出前図書館。1年目には小さな花が咲いたように思える。この花にとまってくれた学生さんたち,この花を咲かせる花壇を貸してくださった先生方には感謝を申しあげたい。今年はまだ小さかったけれども,来年度はこの花にできたタネからもう一回り大きな花を咲かせてみたいと思っている。どのような花になるかこれから楽しみである。

執筆者略歴

  • 浦 さやか(うら さやか)

参考調査担当,図書情報担当を経て,2014年7月より再び参考調査担当へ。「記憶に残るガイダンス」とは何か,模索中。

  • 金丸 明彦(かなまる あきひこ)

図書館在職期間の大半をサービス課で勤務。現在は,参考調査業務を担当し,貴重資料利用関連業務も兼任している。

  • 松村 悠子(まつむら ゆうこ)

機関リポジトリ担当,医学分館を経て2015年7月より経済学部分館で主に目録業務を担当。図書館史に興味がある。

  • 宮脇 英俊(みやわき ひでとし)

九州大学で12年,地元長崎への転勤を機に長崎大学に居座り16年。電子図書館的業務や契約業務を長く担当。現在は経済学部分館勤務。義務教育中の娘2人の成長を楽しみつつ,分館改修に備える日々。

本文の注
注1)  Listen:兵庫教育大学附属図書館広報誌, vol. 9. http://hdl.handle.net/10132/15439, (accessed 2016-02-10).

注2)  長崎大学附属図書館中央図書館のある文教キャンパスには,多文化社会・教育・工学・薬学・環境科学・水産の6学部がある。

注3)  出前スケジュールは図書館ホームページでお知らせしている。http://www.lb.nagasaki-u.ac.jp/use/cent/demae/, (accessed 2016-02-10).

注4)  NU-LibGuides(授業資料ガイド):http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/20151515004501, (accessed 2016-02-10).

 
© 2016 Japan Science and Technology Agency
feedback
Top