情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
記事
NBDC RDFポータル:セマンティックに統合された生命科学データの利用を加速するために
川島 秀一
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2016 年 59 巻 4 号 p. 232-240

詳細
抄録

生命科学分野の多種多様なデータベースは,それぞれが異なる語彙や形式によって記述されており,横断的にデータを統合して利用する際の妨げになっている。この問題を解決するため,JSTバイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)と情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)は,生命科学データベースを開発している日本の研究グループに対しRDFの採用を推奨してきた。RDFを採用することで,データベース間の相互運用性が高まり,データの自動処理が進むと考えられている。また,NBDCは,日本で開発されている生命科学分野のRDFデータを一覧できるように,ポータルサイトの運用を開始した。本稿では,生命化学データベースをRDF化することの利点や,国内および世界における状況を述べ,NBDC RDFポータルについて紹介する。

著者関連情報
© 2016 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事
feedback
Top