情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
記事
オープンアクセスとクリエイティブ・コモンズ採用における注意点:開かれた研究成果の利活用のために
水野 祐
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2016 年 59 巻 7 号 p. 433-440

詳細
抄録

公的資金を使った研究論文のオープンアクセス化が進んでいる。しかし,オープンアクセスといえるためには誰もが自由にアクセスでき,かつ自由に再利用できることが必要とされており,単に公開だけではなく,二次利用にも重点が置かれなければならない。本稿では,オープンアクセス化におけるライセンスとして,世界的にデファクト・スタンダードとなっているクリエイティブ・コモンズの基本的な仕組みや現況を概説する。そのうえで,オープンアクセス化の際にクリエイティブ・コモンズを採用するメリット・デメリット,採用の際の検討事項,ハードルとなりやすい点などを解説する。

著者関連情報
© 2016 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事
feedback
Top